よみがえれ ~アクアマリンふくしまその9~

最後は屋外展示です(^^)
広大な敷地に砂浜が作られていますがこちらは世界最大のタッチプール、蛇の目ビーチです。
そのあまじゃぶじゃぶ入っていき生き物に触れることができます♪
1108033.jpg
砂浜だけでなく、淡水ゾーンも作られておりこちらも中に入ることができます。
都会育ちの子供たちには新鮮な体験なんでしょうね(^^)
1108034.jpg
そして、なんと釣り堀まであったりします\(◎o◎)/
釣ったお魚は調理してもらうことができ、唐揚げや塩焼きにしていただくことができます。
1108035.jpg
魚は鯵がメインですが、当たりもあり真鯛が釣れちゃってました(^_^;)
1108036.jpg
お昼御飯は食堂でいただきましたヽ(^o^)丿
復旧まで時間も資材もなかったでしょうが新メニューが。
避難中に産まれてきたアザラシのきぼうちゃんの好物のタコにちなんだ
きぼうカレー、スタッフの努力と一生懸命さを感じます。
1108032.jpg
こちらがきぼうカレー。美味しくいただきました(^^)
1108031.jpg
こちらが最後の展示の金魚たち。
良くわかっておいでですね♪金魚は上から見てキレイに見えるように品種改良されてきたのです。
さまざまな金魚を横からでも上からでも見ることができます。
1108037.jpg
だいぶ長編になってしまいましたが、水族館でここまで感動したのは初めてかもしれません。
震災で被災し、ほとんどの魚が死んでしまってからたった4ヶ月での復旧。
全国の水族館からの支援。そして単なる展示だけでなく食育まで含めて
命の尊さを体験できる施設。つい先ほどまで見ていた魚を今度は釣って食べる。
命をいただきますと言うことを子どもも理解してくれるでしょう。
展示テーマ「よみがえれ」には震災復興だけでなく、
シーラカンスの調査、川で遊ぶ子供たち、命をめぐる循環など
さまざまなことが意味に含まれています。
また来てみたいと思った水族館でした。
アクアマリンふくしまの復興ブログはこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/fukushimaaqua/

Leave a Reply

*