ぷくぷくフグ展のスペースの関係上小型水槽が多かったです。
小型と行っても45センチキューブだったり60キューブだったりですから
一般家庭にあったら小型じゃないですけどね(^_^;)

まずは体長1センチほどのミナミハコフグの幼魚。
いつみてもこのサイズはかわいいですね。
餌やりタイムではブラインシュリンプを食べてました(^^)

お次はスジモヨウフグさん。
うりぼうを思い出してちょいとしんみりです。

尾びれを広げるときれいなんですよね~♪

そしてラクダハコフグの幼魚。
3匹いらっしゃっていろんなものに興味しんしんな様子です(^^)

そしてキンチャクフグ3連チャン。
見分けがつきづらい人には非常に勉強になる展示です。

まずはヒメキンチャクフグさん。
どことなくキタマクラに似てますよね♪

そしてインドパシフィックトビーさん。
斑点が白くて丸く尾まで入っているのが特徴です。

最後はシボリキンチャクフグさん
写真ではわかりづらいですが斑点がブルーなんです(^^)

これ以外にもモンキキンチャクフグやゴマフキンチャクフグ、カリビアンシャープノーズパッファーなどを
含めるとホントに見分けがつきませんね(^_^;)

そしておなじみクサフグさん。
60センチ水槽で単独飼いなら行けそうです。

なに見てんのよぉ!
って感じなサザナミフグさん。
まん丸とした健康体です♪