ろ材撤去の目的

インペラーを掃除してから快調に泡立っています。

コケも快調に育っておりますorz
ろ材を撤去した理由はここにありまして、水槽内の栄養=硝酸塩を
取ることによりコケの発生を少しでも遅くさせようという狙いです。

今までのケンクボ水槽はクリーム色の部分でした。
ろ材を取り払って今はピンク色の部分です。
できたら水色のところまで行けたらいいですが(^_^;)
水色のところの方式をベルリン式といいます。

飼育水の富栄養化は硝酸塩、リン酸塩なのでそれらを除去すれば
コケも生えないし、サンゴも飼育できるようになります。
以前みたいにサンゴを入れたいと思う今日この頃です♪。
しかし、あの環境でよくソフトコーラルをいれたなぁ。

復活ウミキノコ


もう6年位前になるんですね。

コケ掃除隊は昨日目視で13匹。さて何匹残っているのか?

おなかパンパンの1号。

Leave a Reply

*