‘採取’ カテゴリーのアーカイブ

コケコケ大掃除

2018/04/18

立ち上げから2か月、水質の安定と共にコケが大発生しております。。。

フグツボもこんな有様に(-.-)

サンゴ石も真っ黒です。。。

そこでお掃除を決行します!

まずは住人の避難を。

汚れたサンゴ石を取り出します。

ブラシでゴシゴシと洗います。

※水量が少なかったり、立ち上げ間もない水槽の場合は必ず飼育水で
 洗ってくださいね。
 水道水は塩素を含んでいますので自己責任です。
 バクテリアがいなくなってしまいますのでね。

合わせてガラス面のコケも落とし、底砂をかき混ぜて
コケのついた底砂ときれいな底砂を入れ替えます。

汚れで真っ白けになった水槽ですが、6時間ほどでピッカリキラリン♪

とってもきれいになりました(^^)/

フグたちも心なしか喜んでいるようです。
(ほんとは掃除で落ち着かなくなっているだけですが。。。)

復活ウミキノコ

2012/10/30

底砂にたまった汚れが影響していたのか
ハゼのストレスから解放されたのかどちらかはわかりませんが
ウミキノコが元気になりました(^^)

丈夫なサンゴとはいえストレス環境ではやっぱりしぼんでしまいます。
2次ポリプは少しだけですがこの調子なら以前の様に2次ポリプも出て来るでしょう♪

スマイリーさんは元気いっぱいです。
お尻に黒いのがついたままなのは内緒です(^_^;)

ケアシホンヤドカリも活動範囲が広くなりました。
ハゼさんの影響は大きかったのですね。

スベさんは敵がいようともそうでなくてもマイペース。
この間脱皮をしてまた一回り大きくなりました(^^)

ハゼがいなくなってからミドリフグが以前の様に底砂近くにいることが多いです。
ケンジュニさんも上機嫌。

本日の硝酸塩値は35ppm。
バクトフードSPは0.1mlの添加です。

ハゼさんさよなら

2012/10/28

さて、ライブロックを取り出します。

がらがらになった水槽にて網でエイヤっと。

何をしたのかは置いておいて底砂の掃除をします。
やはりかなり汚れています。

取り出した水は真っ茶色・・・。

今回は換水もします。
大体1/2弱位ですね(^^)

水位が下がってパワーヘッドからエアが出たのですが
そのエアでケンジュニが遊んでます♪

マゴクボさんも負けじと遊びます(^^)

荒目の底砂は深く敷いても嫌気層にならないような気がしてきましたので
作戦変更。底砂を3センチに戻します。
ムシロガイやヤドカリを巻き込まないように少しずつ取り除きます。

じーっ。
ムシロガイが狙われてます(・_・;)

網で捕獲されていたのはアカオビシマハゼ達。
大きくなってフグに攻撃を始めたのでそろって故郷の海に帰っていただくことといたしました。

短い間だったけどありがとう!
大きな魚に食べられるなよ~(^^)

※海に帰して良いのは採取した生体のみです。
ショップで購入した生体を川や海へ返すと生体系を破壊する恐れがあります。
飼いきれなくなったときはお近くのアクアショップへご相談くださいm(__)m

ハゼがいなくなって穏やかになったケンクボ水槽。
フグたちの運命やいかに?

本日の硝酸塩値は25ppm。
数値は下がってますが換水時の塩素中和剤の影響があるため
参考値です。バクトフードSPは0.1mlの添加です。

ケンジュニフグボール

2012/10/09

ケンジュニさん久々のフグボールです(^^)
フグボールのまま寝て水中を漂っていたのでライトなしの撮影で
補正しまくりです(^_^;)

リラックスしている様ですので唇も無事回復してくれるでしょう♪

硝酸塩値は50ppm。
やはり塩素中和剤を使うと測定結果に狂いがでます。
皆さま水換え後の計測で安心されぬようご注意ください(^_^;)

アカオビシマハゼ(大)帰郷

2012/10/07

囚われのハゼ。

採取してきたアカオビシマハゼ5匹のうち1匹が大きくなり
5センチを超えてしまったので瀬戸内海へお帰りいただきました(^_^;)
前から帰郷を考えていたのですが、今朝方ずいぶん大きなフンをするなーと
思っていたらヤドカリの手が出てきてびっくり\(◎o◎)/
ヤドカリが減っていたのはこいつが食べていたのかもしれません。
硝酸塩値が下がらなかったのもヤドカリを食べていたことが原因の一つかもしれませんね。

帰郷いただいた場所は採取場所の対岸。
瀬戸内海の島です(^^)
大きな魚に食べられずに元気でね♪

さて帰宅してみるとケンジュニさんの唇がたらこになっています(・_・;)
アカオビシマハゼを捕獲するときにびっくりしてどこかにぶつけてしまったのでしょう(^_^;)

マゴクボさん(右)の唇と比べると腫れているのが良くわかります。
数日で回復すると思われますが念のため、粘膜保護剤とジクラウォーターを添加します。

もう一つ変化があった点が。
最近いつも右奥の暗い場所にいたフグたちが正面や左側の広い場所で悠々と泳いでいます(^^)
やはり大きくなったアカオビシマハゼの影響があったのでしょう。
のこり4匹アカオビシマハゼがいますが大きくなってきたら
故郷に帰っていただくことにします♪
ヒレの原因は不明ですが
これでストレスもなくなってケンカも減ってくれるでしょう。

硝酸塩値は50ppm。
バクトフードSPは0.5mlの添加です。

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30