僕とミドリフグのケン&クボタ NextSeason

Posts tagged ヤドカリ

スベ着替える

スベ着替える

久しぶりにスベさんがお引っ越しをしました(^^)
1202041

以前のお気に入りの殻に逆戻りです。
この殻に戻ってはまた別の殻に、を繰り返しているのですが
はたして何日持つのでしょう?
1202042

最近登場していませんがイッテンコテナガエビさんもお元気です。
1匹だけですので仲間を増やしたいのですが広島では売ってないんですよねぇ。
1202043

膨らんでないのに膨らんだように見えるスマイリーと。
1202044

尾っぽがキュートなマゴクボさん。
1202045

暗闇でうすら笑いをしているのはどっち?
1202046

本日は水足しついでにジクラを添加です。
バクトフードSPを停止してからコケが多くなってきた様です。

ケンジュニ☆になる

ケンジュニ☆になる

昨日調子を落としたケンジュニは帰宅すると☆になっておりました。
回復傾向にあったのですが、急に具合が悪くなったのが気になります。

残ったマゴクボは元気です。

こちらは同じく元気なスマイリー。

表皮にも変化はなかったので病気ではないとは思われますが
なにぶん直接の原因が不明なのが気がかりです。
間接的な原因は間違いなくハゼによる攻撃のストレスだと思われます。
一見回復してきても油断大敵だということですね。

ケンジュニさん。
1年3か月と30日ありがとう。
お空でケン、クボタ、コクボと楽しく過ごしてください。

残った2匹のためにいつまでも悲しんではいられません。
可能な限り水質をチェックです。

アンモニア→未検出。

亜硝酸塩→未検出

硝酸塩→20ppm

リン酸塩→未検出。

良かれ悪かれ水質は比較的良好な模様です。
ストレスによって胃腸の調子が悪くなったか
あるいは内臓が細菌感染したのかもしれません。

そんな中一つ良いニュースが。
全滅したと思われていたホンヤドカリですが
子ヤドカリが一匹生きておりました。
5ミリほどの小さな子ですがたくましく生きております。

減ったヤドカリーズ

減ったヤドカリーズ

20匹ほどお迎えしたホンヤドカリさんは全滅した様です。
2~3日ほど前までは小さなのが一匹残っていたのですが。

現在はこちらのケアシホンヤドカリさん2匹と
おなじみのスベさんのみです。今日も大潮だったのですが寒くなってきましたので
採取は春までおあずけとします(^_^;)

スベさんは相変わらず傍若無人です(^_^;)
ホンヤドカリ達を襲ったのはスベさんだったのでしょうか?

私らは知らんですよ。

そうそう食べたりしてないからね~。

こちらの方々も十分容疑者です(-_-;)

さて硫黄臭が完全復活しましたので本日よりバクトフードSP添加の再開です♪
本日は1滴の添加です。0.1mlでも多いかも疑惑がでましたのでシリンジでピチョンと
1滴の添加をすることにいたしました(^^)
本日の硝酸塩値は50ppmです。

復活ウミキノコ

復活ウミキノコ

底砂にたまった汚れが影響していたのか
ハゼのストレスから解放されたのかどちらかはわかりませんが
ウミキノコが元気になりました(^^)

丈夫なサンゴとはいえストレス環境ではやっぱりしぼんでしまいます。
2次ポリプは少しだけですがこの調子なら以前の様に2次ポリプも出て来るでしょう♪

スマイリーさんは元気いっぱいです。
お尻に黒いのがついたままなのは内緒です(^_^;)

ケアシホンヤドカリも活動範囲が広くなりました。
ハゼさんの影響は大きかったのですね。

スベさんは敵がいようともそうでなくてもマイペース。
この間脱皮をしてまた一回り大きくなりました(^^)

ハゼがいなくなってからミドリフグが以前の様に底砂近くにいることが多いです。
ケンジュニさんも上機嫌。

本日の硝酸塩値は35ppm。
バクトフードSPは0.1mlの添加です。

たくさんニョロニョロ

たくさんニョロニョロ

今までお伝えしていなかった土管の中に・・・。

にょろにょろの様なユウレイボヤが群生しています(^_^;)
水質の浄化に役立ってくれているのでしょうが
まじまじと見ると、ちょっと・・・です。

ハゼたちのいなくなった水槽では
ミドリフグ達がのびのびと暮らしています(^^)

こんにちは!

ひそひそ密談。

久々の登場のスベさん。
襲っているわけではありません。マガキさんに着いたコケを食べてます(^^)

硝酸塩値は35ppm。
バクトフードSPは0.1mlの添加です。

2018年1月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031