僕とミドリフグのケン&クボタ NextSeason

Posts tagged 試験紙

ハゼさんさよなら

ハゼさんさよなら

さて、ライブロックを取り出します。

がらがらになった水槽にて網でエイヤっと。

何をしたのかは置いておいて底砂の掃除をします。
やはりかなり汚れています。

取り出した水は真っ茶色・・・。

今回は換水もします。
大体1/2弱位ですね(^^)

水位が下がってパワーヘッドからエアが出たのですが
そのエアでケンジュニが遊んでます♪

マゴクボさんも負けじと遊びます(^^)

荒目の底砂は深く敷いても嫌気層にならないような気がしてきましたので
作戦変更。底砂を3センチに戻します。
ムシロガイやヤドカリを巻き込まないように少しずつ取り除きます。

じーっ。
ムシロガイが狙われてます(・_・;)

網で捕獲されていたのはアカオビシマハゼ達。
大きくなってフグに攻撃を始めたのでそろって故郷の海に帰っていただくことといたしました。

短い間だったけどありがとう!
大きな魚に食べられるなよ~(^^)

※海に帰して良いのは採取した生体のみです。
ショップで購入した生体を川や海へ返すと生体系を破壊する恐れがあります。
飼いきれなくなったときはお近くのアクアショップへご相談くださいm(__)m

ハゼがいなくなって穏やかになったケンクボ水槽。
フグたちの運命やいかに?

本日の硝酸塩値は25ppm。
数値は下がってますが換水時の塩素中和剤の影響があるため
参考値です。バクトフードSPは0.1mlの添加です。

アカオビシマハゼ(大)帰郷

アカオビシマハゼ(大)帰郷

囚われのハゼ。

採取してきたアカオビシマハゼ5匹のうち1匹が大きくなり
5センチを超えてしまったので瀬戸内海へお帰りいただきました(^_^;)
前から帰郷を考えていたのですが、今朝方ずいぶん大きなフンをするなーと
思っていたらヤドカリの手が出てきてびっくり\(◎o◎)/
ヤドカリが減っていたのはこいつが食べていたのかもしれません。
硝酸塩値が下がらなかったのもヤドカリを食べていたことが原因の一つかもしれませんね。

帰郷いただいた場所は採取場所の対岸。
瀬戸内海の島です(^^)
大きな魚に食べられずに元気でね♪

さて帰宅してみるとケンジュニさんの唇がたらこになっています(・_・;)
アカオビシマハゼを捕獲するときにびっくりしてどこかにぶつけてしまったのでしょう(^_^;)

マゴクボさん(右)の唇と比べると腫れているのが良くわかります。
数日で回復すると思われますが念のため、粘膜保護剤とジクラウォーターを添加します。

もう一つ変化があった点が。
最近いつも右奥の暗い場所にいたフグたちが正面や左側の広い場所で悠々と泳いでいます(^^)
やはり大きくなったアカオビシマハゼの影響があったのでしょう。
のこり4匹アカオビシマハゼがいますが大きくなってきたら
故郷に帰っていただくことにします♪
ヒレの原因は不明ですが
これでストレスもなくなってケンカも減ってくれるでしょう。

硝酸塩値は50ppm。
バクトフードSPは0.5mlの添加です。

アサリぱっくり

アサリぱっくり

ずっと閉じていたので大丈夫だと思っていたアサリは
殻のみになっていました(^_^;)
やはり潜らないとやられてしまうようですね。

同時期に採取してきた牡蠣は頑張っています。
うっすらとフタを開けていますが持つとしっかりと
フタを閉じます。
何を栄養源にしているのでしょうか?

尾ひれはまだ回復していませんが
ミドリーズは元気でやっています(^^)

最後の1匹のイッテンコテナガエビも生き延びています♪

本日の硝酸塩値は50ppm
バクトフードSPは0.5mlの添加です。

コケ?

コケ?

底砂を追加して20日たちました。
左側の方が茶色っぽくなってきました。
コケでしょうか?

LEDライトをウミキノコにフォーカスしている為
若干傾けているので光量に違いがでるのでしょうね(^^)
以前と違って直射日光の当たらない水槽ですのでLEDの向きで
大きく影響がでそうです。

フグたちは相変わらず奥にいることが多いです。
尾ひれはそのままかけていますが広がってはいないようですので
やはり単に齧られただけなのでしょうね(^_^;)

アカオビシマハゼは1匹だけ巨大化してきています。
体長だけでみるとミドリフグの大きさを超えたような気がします。
雄雌の差の可能性もあるかもしれませんね。

硝酸塩値は50ppm。
本日も0.5mlの添加です。

26℃

26℃

久しぶりの26℃です(^^)
ここしばらく27℃近辺が続いていたのですがすっかり秋めいてきましたからね。

広島市のただいまの気温は22℃
室温計は27℃を指しているのになんだか肌寒くスエットなんぞ
着て寝冷え防止です。室温計の場所や精度の問題もあるかもしれません(^_^;)
恒温動物の人間でもこんなに変化を感じるくらいなので
変温動物のお魚さんには結構堪えているかもと改めて感じます(^^)

スベさんはどうなんでしょう?

ヒーターちゃんとチェックした?
はい。大丈夫です(^_^;)

硝酸塩値は25ppmと50ppmの間。
バクトフードSPは0.5mlの添加です。

2018年1月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031